高知工科大学 環境理工学群
機能性ナノマテリアル研究室

Laboratory for Functional Nanomaterials,
School of Environmental Science and Engineering,
Kochi University of Technology

About Our Lab

Taking advantage of intermolecular interactions and chemical bonding, we are working to create novel functional nanomaterials composed of various combinations of organic materials, inorganic materials, and macromolecules. In particular, by precisely controlling chemical reactions and equilibriums in terms of physical chemistry, we can develop a new synthetic methodology for achieving beyond the range of conventional approaches. Through our innovations, we open up a new horizon and an opportunity for nanomaterial chemistry to contribute to next-generation energy production and technology.

様々な分子間相互作用・化学結合を駆使し、有機・無機・高分子材料の多様な組み合わせから成る新しい機能性ナノ材料の創出を目指します。特に、物理化学的な観点から化学反応・平衡状態を精密に制御することにより、既存の方法の常識にとらわれない新たな合成方法論を開拓します。一連の研究を通じて、次世代のエネルギー生産・テクノロジーに貢献するナノ材料化学の新機軸を構築します。

Project Keywords

Porous Nanomaterials, Catalysts, Metal-Organic Frameworks, Stimuli-Responsive Materials

See More Details

Latest NEWS

2019/10/12
高知化学シンポジウム2019 にてM2 坂本さんが「優秀ポスター発表賞」を受賞しました。

2019/09/14,15
徳島県へ研究室旅行に行きました。

2019/07/06
小廣研究室と合同で今年度研究室配属された3年生の歓迎会を開催しました。

2019/06/08
油化学シンポジウム in 高知にて招待講演を行いました。
講演題目:多孔性ナノ結晶の構造制御と機能開拓

2019/05/30
研究室に5名の3年生が新しいメンバーとして配属されました。

2019/03/20
4年生石田さんが日本化学会中国四国支部支部長賞を受賞しました。

2019/03/16,17
甲南大学岡本キャンパスで開催された日本化学会第99春季年会に参加しました。

2019/02/14
4年生4名、3年生1名が卒業論文発表会でそれぞれの研究成果を発表しました。

2019/1/31
4年生3名、3年生1名が第8回サイエンス・インカレのファイナリストに選ばれました。

2018/12/25
M1学生4名が修士論文中間発表会でそれぞれの研究成果を発表しました。

2018/11/30
2018年 日本化学会中国四国支部大会 愛媛大会 にてM1 瀬戸口さんが「ポスター賞(Chemistry Letters賞)」を受賞しました。

2018/11/17,18
2018年 日本化学会中国四国支部大会 愛媛大会 にてM1学生3名がポスター発表を行いました。

2018/11/7
サイエンス・インカレでの活躍が認められ、M1学生3名が「学長褒賞」を受賞しました。

2018/11/3
ナノテク研シンポジウム2018にてB4 大宮くんが「優秀ポスター賞」を受賞しました。

2018/11/3
ナノテク研シンポジウム2018にてM1学生4名、B4学生4名、B3学生4名がショートプレゼンテーション・ポスター発表を行いました。

2018/10/13
高知化学シンポジウム2018にてM1 瀬戸口さんが「優秀ポスター発表賞」を受賞しました。

2018/10/13
高知化学シンポジウム2018にてM1学生4名、B4学生4名、B3学生1名が発表を行いました。

2018/09/23,24
愛媛県(今治市、松山市)へ研究室旅行に行きました。

2018/07/15
小廣研究室と合同で今年度研究室配属された3年生の歓迎会を開催しました。

2018/06/13
研究室に3名の3年生が新しいメンバーとして配属されました。

2018/05/9,10,11
総合研究所・構造ナノ化学研究室の研究成果を第3回関西高機能セラミックス展 アカデミックフォーラム(インテックス大阪)に出展しました。
展示題目:「金属酸化物からなるサブミクロンサイズ球状多孔質構造体の大量合成と応用」

2018/05/02
環境理工学群3年生に向けた研究室紹介を行いました。
研究室紹介スライドを公開しています
(学内ネットワークからのみアクセス可)

2018/03/29
4年生3名の第7回サイエンス・インカレでの受賞が読売新聞(高知版)で取り上げられました。

2018/03/20,21,22
日本大学船橋キャンパスで開催された日本化学会第98春季年会に参加しました。

2018/03/17
4年生3名の第7回サイエンス・インカレでの受賞が高知新聞で取り上げられました。

2018/03/15
本年度卒業する4年生の送別会を行いました。

2018/03/04
4年生3名が第7回サイエンス・インカレにて「文部科学大臣表彰」を受賞しました。

2018/02/15
4年生5名が卒業論文発表会でそれぞれの研究成果を発表しました。

2018/01/29
4年生3名が第7回サイエンス・インカレのファイナリストに選ばれました。

PAST NEWS

Latest Publications

Highly Durable Ru Catalysts Supported on CeO2 Nanocomposites for CO2 Methanation

Hien Thi Thu Nguyen, Yoshitaka Kumabe, Shigenori Ueda, Masataka Ohtani,* and Kazuya Kobiro
Appl. Catal., A, 2019, 577, 35–43.



Sintering‐Resistant Metal Catalysts Supported on Concave‐Convex Surface of TiO2 Nanoparticle Assemblies

Farkfun Duriyasart, Akito Irizawa, Kahoko Hayashi, Masataka Ohtani,* and Kazuya Kobiro
ChemCatChem, 2018, 10, 3392–3396.

* Selected as a Cover Feature



One-pot synthesis of SiO2‒CeO2 nanoparticle composites with enhanced heat tolerance

Hien Thi Thu Nguyen, Masataka Ohtani,* and Kazuya Kobiro
Microporous Mesoporous Mater., 2019, 273, 35–40.



Rapid One-pot Synthesis of Ultrafine Titania Nanocrystals and Their Conversion into Transparent Mesoporous Thin Layer Films

Yoshitaka Kumabe, Masataka Ohtani,* and Kazuya Kobiro
Microporous Mesoporous Mater., 2018, 261, 207–213.



Rapid One-Pot Solvothermal Batch Synthesis of Porous Nanocrystal Assemblies Composed of Multiple Transition-Metal Elements

Masataka Ohtani,* Tomoyuki Muraoka, Yuki Okimoto, and Kazuya Kobiro
Inorg. Chem., 2017, 56, 11546–11551.



A New Approach to Surface Activation of Porous Nanomaterials using Non-thermal Helium Atmospheric Pressure Plasma Jet Treatment

Farkfun Duriyasart, Masataka Ohtani, Jun-Seok Oh, Akimitsu Hatta, and Kazuya Kobiro
Chem. Commun, 2017, 53, 6704–6707.

* Selected as an Inside Back Cover



One-step Direct Synthesis of SiO2 -TiO2 Composite Nanoparticle Assemblies with a Hollow Spherical Morphology

Hien Thi Thu Nguyen, Teppei Habu, Masataka Ohtani, and Kazuya Kobiro
Eur. J. Inorg. Chem., 2017, 3017–3023.
* Selected as a Very Important Paper
* Highlighted in a Cover Profile
* Highlighted in a video abstract

* Selected as a Front Cover



Three-Dimensionally Branched Titanium Dioxide with Cheek-Brush Morphology: Synthesis and its Application to Polymer Composites

Farkfun Duriyasart, Hiromu Hamauzu, Masataka Ohtani,* and Kazuya Kobiro
ChemistrySelect, 2016, 1, 5121–5128.








Water-triggered macroscopic structural transformation of a metal-organic framework

Masataka Ohtani,* Kazutaka Takase, Pengyu Wang, Kouki Higashi, Kimiyoshi Ueno, Nobuhiro Yasuda, Kunihisa Sugimoto, Mamoru Furuta, and Kazuya Kobiro
CrystEngComm, 2016, 18, 1866–1870. (Selected as an inside cover)



Visit Publications Page

Member

現在、大学院修士課程9名、学部4年生3名、3年生5名が所属しています。
研究室配属に関する質問等、随時対応します。

Visit Member Page


We are NOW accepting an application for SSP candidates.

Application Guideline for KUT Special Scholarship Program (SSP)

"Notice"
* Special Scholarship Program (SSP) is only for Ph.D. candidates.
* We do NOT accept any application by E-mail.
* Contact with the professors should be restricted to the inquiries about the projects.
 For further inquiries, please contact International Relations Division.
* You can find all necessary information and download an application form from a web site of Kochi University of Technology.

Contact Information

Masataka Ohtani, Ph.D.

Assistant Professor
School of Environmental Science and Engineering,
Kochi University of Technology
E-mail: ohtani.masataka (at) kochi-tech.ac.jp

Visit Contact Page

講義資料はこちら
(学内ネットワーク限定)