環境理工学群とは

「地球に優しい」理工学の基礎と応用技術を追求し、新領域の開拓を図る
持続可能な地球と社会をめざして科学技術のフロンティアを開拓

環境理工学群は、これまでの技術を支えてきた物理・化学(もちろん数学も)を基礎とする理工学に加えて、生命科学、地球科学などとのコラボレーションによって、新しい融合的研究領域を開拓し、世界をリードすることをめざします。
「学群」というのは、旧来の「学部」や「学科」と異なり、入学時には特定の専攻を固定せず、理工学の広い分野に触れて、3年後期に適した専攻に特化する制度です。

環境理工学群の学び

時代を切り開き、次代を担う人材の育成

ものづくりはもとより、人間活動のあらゆる領域において環境への配慮がもとめられています。環境理工学群は、様々な切り口から「環境」に迫る、高度な「環境リテラシー」教育を提供します。それぞれの専攻における高い専門性と幅広い教養とを兼ね備えるのはもちろん、急速に変化し深化する技術に対応できる、理工学の基礎をしっかり身につけた人材の輩出を目指しています。

4専攻体制で、理学的センスと工学的センスを兼ね備えた総合力を身に着ける

「環境」をキーワードに、物理学、化学、生物学分野の多彩な領域で融合的教育・教育を推進する環境理工学群。「環境数理」、「化学」、「生命科学」、「マテリアル工学」の4専攻体制で、単なる「理+工」ではなく、「(理×工)+環境」での深化を実現し、理学的知識と工学的センスを兼ね備えた「総合力のある人材」が育ちます。

融合化・学際化が進む現代の理工学において「2つの武器」で未来を拓く

融合化、学際化が進む現代の科学技術にあっては、複数分野の専門知識が不可欠です。環境理工学群では、「主専攻」に加え、「副専攻」として他の専攻の科目を広く学べる体制を整えています。「2つの武器」を持つことにより、企業、研究機関、教員など卒業後の可能性は大きく広がります。また、さらに専門性を高めるために、大学院への進学も推奨しています。

開講科目一覧(平成29年度)

環境理工学群のカリキュラム一覧です。
一覧をPDFデータで見る

学群長メッセージ

環境理工学群
学群長 前田 敏彦 教授

環境理工学群は、前身である工学部物質・環境システム工学科の時代から、「物質・材料」、「生命」という人類の命運を左右するといっても過言ではない大きな二つのテーマを「環境」というキーワードで結合し、「理学部の素養を持つ工学部」として最先端の教育と研究、そして地域・社会貢献活動を実践してきました。学科・学群名に「環境」を含めているのは、すべての学群学生に、自身の専門分野を「環境」の視点から考える力をつけて欲しいと考えるためです。いずれの専攻にも深く関係する「環境」を横串として捉える考え方です。現在の「機能材料」、「分子デザイン」、「生命科学」の3専攻体制では、物理学、化学、生物学という高校生にもなじみやすい科目を主たる基礎とする三分野を柱としつつ、多くの著名な学外研究者を講師として招き、「環境科学」の最先端に触れながら同時にその基礎をしっかりと学ぶことができる「環境プログラム」をすべての専攻の学生に提供しています。

そして 2017 年度の入学者から、環境理工学群は「環境数理」、「化学」、「生命科学」、「マテリアル工学」の4専攻体制に移行しました。従来の3専攻の発展改組に加え、自然科学(物理・化学・生物・地学)に関する幅広い知識を基礎として、データサイエンス(統計科学、計測技術、ICT スキルなど)の活用力を養成する「環境数理」専攻を設置しました。新たな4専攻は、大学院修士課程に新設される4つのコースへと直結しており、大学院では、学群の専攻から一貫したカリキュラムのもとで、さらに高度な専門教育を受けることができます。

環境理工学群には、複数の専門分野を学べる「主専攻+副専攻」制、先端科学を著名な研究者から身近に学ぶ「理工学のフロンティア」、グローバル人材を育てる「海外短期留学」制度など多くのユニークな講義・制度が整備されています。本学群で学んだ学生は、製造業を中心とする民間企業や研究機関での活躍が期待されますが、中学校や高等学校の教員を目指す学生に対しても、大学本体に設置されている教職課程支援センタと連携しながらきめ細かいサポートに努めています。
さあ、「日本にない大学」の美しいキャンパスと環境理工学群で、大学のあるべき姿、知的好奇心が満たされる世界を体感して下さい。
Copyright © since 2016 by School of Environmental Science and Engineering. All rights reserved.